Brainは情報商材の新たなプラットフォームになるか?

Brainは情報商材の新たなプラットフォームになるか?

こんにちは。tetsuya(@tetsuya_blulog)です。

ブロガー界隈で「Brain」という新たなサービズが話題になっていますね。
20年1月30日からスタートした新サービスで、Twitterでもかなりバズっています。

Brainのサイトはこちら
https://brain-market.com/
※リリースからアクセスが集中しているということで、かなり不安定です。

このBrainについて一言で表すと

アフィリエイトできるnote

正直、noteがアフィリエイト機能を実装するのも時間の問題だと思っていたので、似たようなサービスが先に出てきたのは意外でした。
このBrainについて、「情報商材の新たなプラットフォームになるか?」について考えてみます。

Brainの仕組みを簡単に解説

Brainの仕組みについては、既に詳しく解説している記事がたくさんあるので検索していただければと思います。
参考までに、ガオさんのブログ
Brainアフィエイトの仕組みを解説【noteとの違いとは】

大まかなポイントは以下の3つです。

  • 自分でコンテンツを販売できる
  • 他人のコンテンツをアフィリエイトできる
  • レビューでスコアがつく

自分でコンテンツを販売できる

Brainは、noteと同じ様に自分の記事を有料化して販売することが出来ます。

もちろんブログのように無料の記事を書くことも出来、販売する価値のあるとっておきの記事を有料化して収益を上げることが出来ます。

設定できる値段100円~100,000円
手数料:12%

他人のコンテンツをアフィリエイトできる

noteとの最大の違いは、Brainの有料コンテンツは他人がアフィリエイトできるという事。

販売者にとっては、アフィリエイターに紹介料を払うことでドンドン広めてもらえます。

読者にとっては、自分でコンテンツを作らなくても、良いと思ったコンテンツを紹介すればアフィリで報酬がもらえる。
どちらにとってもオイシイサービスです。

なお、アフィリエイトの報酬率はコンテンツ作成者が任意で設定できます。

設定できる報酬率1%~50%

レビューでスコアがつく

Brainのコンテンツは、読んだ人がレビューを書き込んだり、星評価をつけたりすることが出来ます。

レビュー評価はランキングに反映され、高い位置にランクインすればそれだけ露出も増えるし、信頼性が増して販売数も増えるでしょう。

逆に、低品質のコンテンツは評価も低くなり、淘汰されていくと思われます。

なお、Brainについて「情弱ビジネス」と批判する向きもあるようですが、10年もアフィリ業界にいる身としては「何を今更www」
情弱が騙されて搾取されるのは人類発祥から変わりません。
Brainも上手く使える人が使えばいいだけで、ここで騙される人はどこにいっても騙されます。

Brainはnoteとinfotopの良いとこ取り

infotopからの手紙

年末にinfotopから来たセールスレターw


Brainの仕組みは、10年前くらいに流行っていた「情報商材」そのまんまですね。

  • 情報をノウハウ化して販売する。
  • さらにアフィリエイターがそれを広める

この仕組みで月1000万以上稼ぐ人が続出しましたが、あまりに荒稼ぎしすぎたために色々問題も起きて廃れてしまいました。

今でも元気な情報商材プラットフォームの「infotop」
ここ最近になって急速に伸びている「note」

Brainは、この2つのプラットフォームの良いとこ取りと言えます。

ブログのように簡単にコンテンツを作れる

infotopの場合、商材を作ろうと思ったらPDFで一から全て自分で作らなければいけませんでした。

さらに、それぞれの商材は全く独立しており、自分のブログやメルマガなどで何とか広めなければ一度も見られないまま埋もれていくこともしばしば。

noteの場合、システムがほとんどブログのようなものなので、用意されたフォーマットに記事を書くだけですぐに投稿できる。
さらに、他のブログサービスと同じ様にトップページや共通テーマなどを利用して集客することが出来るので、読者を集めやすいというメリットがありました。

Brainの場合、基本のシステムはnoteに近く、今後さらに個々の記事に集客しやすいような改良がされていくと思います。

紹介料を設定して広めてもらえる

infotopの最大の強みは、アフィリエイトが出来ること。

コンテンツ作成者だけでなく、それを買った人がさらにアフィリエイトで販売を広めていくことが出来る。

コンテンツ出品に手数料はかからず、売れた分だけ紹介料と手数料を払えばいいだけなので、コンテンツ作成者にとっては広告費で赤字になる心配は一切ありません。

アフィリエイターにとっても、情報商材は報酬率が高いため上手くやればかなり稼げる分野です。

Brainは、noteのようなブログシステムを導入しながら、infotopのアフィリエイトシステムも組み込んで、双方の良いとこ取りをした新たな情報商材のプラットフォームになりそうですね。

Brain、note、infotopの住み分け

Brainの登場によって、noteやinfotopにも少なからず影響があるでしょう。

ただし、これが即他のサービスを脅かすとは思えず、普通に住み分けしていくと思います。

infotop

各種ツールやWordPressテーマ、塾など高額で専門的な商品を作成できるリソースのある人のためのプラットフォーム。

note

金儲けしたいブロガー以外にも各種クリエイターが多数利用するので、人が集まりやすい。
集客には一番向いている。

Brain

ノウハウ販売とアフィリで金儲けしたい人ばかり集まるので、定着するにはまだ時間がかかりそう。
ただ、商材を作れる人の販売プラットフォームとしては一番手軽でポテンシャルはある。

個人的には、noteがアフィリエイト機能を導入するのも遠くないと思っています。
そうなると、新参のBrainは逆に厳しい立場になるかも知れませんね。

Brainで情報商材はさらに裾野が広がる

  • Brainは商材を作れる人には大きな可能性
  • 商材を作れない人もそこそこ稼げる
  • アフィリエイターは商材販売にシフトするべき?

アフィリエイトに限らず、全てのビジネスは3つのステップがあると思っています。

  1. スキルを身につける
  2. そのスキルで稼ぐ
  3. そのスキルをノウハウ化して売る

会社員の場合、③のステップは「売る」ではなく「後輩を育てる」になります。

個人で生きるアフィリエイターの場合、自分がプレイヤーになるだけでなく、そのスキルを販売するビジネスに移行するのがゴールかなと思っています。

昔であれば、その方法はinfotopのようなものしか無かったんですが、今はnoteがある、それにBrainも出てきた。
個人ビジネスがよりやりやすくなっていく。

むしろ、稼ぐ個人と、その個人をサポートするプラットフォーム企業
この2つ以外の中途半端な企業はどんどん立場を失っていくような気がします。

Brainは始まったばかりなので急いで飛びつく必要は無いですが、動向はよくチェックしておくべきですね。

関連記事

  1. 改めてブログのメリットを考えてみる【ネットで稼ぐなら】

    改めてブログのメリットを考えてみる【ネットで稼ぐなら】

  2. 楽天Amazon物販アフィリなら「もしもアフィリエイト」にしよう

    楽天Amazon物販アフィリなら「もしもアフィリエイト」にしよう

  3. ブロガーは資格を取るべき理由!アフィリエイトは専門家の時代

    ブロガーは資格を取るべき理由!アフィリエイトは専門性の時代

  4. 雑記ブログでは稼げない?総合ブログ化しよう!

    雑記ブログでは稼げない?総合ブログ化しよう!

  5. モチベーションの3要素を理解して人心を管理する方法

    モチベーションの3要素を理解して人心を管理する方法

  6. スタバで長時間居座ってPCしてるのは迷惑なのか?

    スタバで長時間居座ってPCしてるのは迷惑なのか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA