縄文杉を見に行く

久しぶりになりましたが、ずっと行きたいと思っていた屋久島に行ってきました。
もちろん、縄文杉を見に行きました!

台風を完璧なタイミングで回避して、快晴の中で歩くことが出来ました。
ちなみに、縄文杉だけは現地のガイドさんのツアーに参加しました。

さすがに往復10時間となると、ペース配分なども心配なので、ついていったほうが良いかと。
それと、何より朝の5時位に登山口に行かないと暗くなる前に帰ってこれないので、送迎してもらわないとどうしようもないのです。

片道5時間といっても、大半はトロッコ道の線路の上を歩きます。
これが意外に曲者で、枕木の感覚が一定でないので非常に歩きづらい!

しかし、しばらく歩くと線路の中心に板が張ってあって、その上を快適に歩けるようになります。

なぜスタートからしばらくはこの板が無いのか?
それは、管轄の違いらしく、スタートからしばらくは「鹿児島県」の管轄区域で、それ以降は「屋久島町」の管轄区域なんだそうです。

鹿児島県は、屋久島観光地の整備にあまり熱心じゃないようですね…

人がいないタイミングを狙うと、絵になる写真がとれます。

そしてたどり着いた縄文杉
縄文杉時代からここに生えていたと思うと、地球の歴史を感じます。
とても静かで、雄大な姿です。

平坦とはいえ、往復10時間も歩くと脚がボロボロになりますww
こまめな脚のケアは欠かせないですね。

関連記事

  1. 桜満開

  2. コブダイにあいさつ

  3. よみうりランドのジュエルミネーションの感想・デートには最適

    よみうりランドのジュエルミネーションの感想・デートには最適

  4. 高千穂神社から西都原へ

  5. 横浜で初日の出を見るなら「臨港パーク」が穴場スポット

    横浜で初日の出なら「臨港パーク」が穴場スポット

  6. 雪景色

  7. 二宮菜の花祭りの写真・吾妻山公園の駐車場などを解説【2020】

    二宮菜の花祭りの写真・吾妻山公園の駐車場などを解説【2020】

  8. カヤンゲル

  9. 冬の伊豆でダイビング!富戸脇の浜は台風で地形が変わっていた

    冬の伊豆でダイビング!富戸脇の浜は台風で地形が変わっていた

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA