皆既月食を天体望遠鏡で撮る


先日の皆既月食は、快晴で良かったですね。
予報では曇りが心配されてましたが、当日はきれいに晴れてくれて、最初から最後までよく見えました。

今回は、せっかくなので数年ぶりに天体望遠鏡を引っ張り出しました。

VixenのポルタA80mfだったと思うのですが、こちらEマウント用のアダプターが発売されています。

このため、α6000をダイレクトに接続して、焦点距離約900mmのスーパー望遠レンズとなります。

単に写真が取れるだけでなく、カメラのモニタを使って複数人で同時に覗けるのもポイント。

月の撮影には持って来いです。

関連記事

  1. 夏の木曽駒ヶ岳

  2. キリンミノカサゴ

  3. 真名井の滝

  4. 縄文杉を見に行く

  5. 桜満開

  6. 渡嘉敷島のとかしくマリンビレッジ

  7. 公園の星空ちょっとした工夫

  8. ジンベエザメと泳いできました

  9. 夕陽の街

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

tetsuya

tetsuya

1984年神奈川県生まれ

一条工務店でマイホーム作りをスタート!
スキューバダイビング、カメラ、登山、スノーボードなどアウトドアマンでもあります。

>もっと詳しいプロフィールはこちら