公園の星空ちょっとした工夫


最近また星景写真にハマっております。

近所に、それはそれは綺麗な公園があるので、夜中に行くと結構良い写真が取れるんです。

そこで、最近の新たな試みですが、星を撮るために15秒ほどの露光をする間に一瞬だけ手持ちのライトで地上のものを照らしてみます。

すると、地上の景色が良い感じで浮かび上がるんですね。


せっかくの星景ですから、地上も完全にシルエットにするのではなく、こうしてわかりやすくしたほうが面白いと思います。


なんとなくノスタルジックな雰囲気になりますよね。
シルエットはバキバキの固さがありますが、全体的に柔らかい写真になると思います。

関連記事

  1. カヤンゲル

  2. さがみ湖イルミリオンの気球は一度は乗っておくべき価値があった

    さがみ湖イルミリオンの気球は一度は乗っておくべき価値があった

  3. 晴天の上高地

  4. キリンミノカサゴ

  5. 大瀬崎のマクロ生物

  6. 夕陽の街

  7. 浮上!

  8. 夏の木曽駒ヶ岳

  9. LABYRINTH

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA