マイクロ魚眼レンズの世界

最近のダイビングでは、イノンのマイクロ魚眼レンズを試しています。

イノンの「ZM80」です。
このレンズ、中々に個性的なレンズで「魚眼」の名が示すとおり、本当に魚の視界を再現したようなレンズだそうです。

画角の中央にのみピントが合い、周辺部は思いっきり流れます。
この流れをどのように活かすかがポイントなんですが、基本的には中央に被写体を配置して、集中線のような効果を狙うのが面白いですね。

ピントはかなりシビアなので、あまり動かない被写体の方が撮りやすいと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


体長20cmほどのカエルアンコウをアップで撮ってみました。
集中線の効果がうまく利用できたと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

周辺部の流れを利用して、ダイバーが吐く気泡を撮ってみました。
これ、下がまっさらな更地で、気泡の渦の真ん中にダイバーがいたら、そこそこ画になる構図だと思います。
また再挑戦したいですね。

関連記事

  1. 冬の伊豆でダイビング!富戸脇の浜は台風で地形が変わっていた

    冬の伊豆でダイビング!富戸脇の浜は台風で地形が変わっていた

  2. セブで潜ってきました

  3. 渡嘉敷島ダイビング

  4. 大瀬崎のクマノミ

  5. ジンベエザメと泳いできました

  6. 渡嘉敷島のとかしくマリンビレッジ

  7. ブルーコーナー!

  8. キリンミノカサゴ

  9. 光の群れ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

tetsuya

tetsuya

1984年神奈川県生まれ
アフィリエイターとして生きています。
スキューバダイビング、カメラ、登山、スノーボードなどアウトドアマンです。
日本ニュートリション協会公認サプリメントアドバイザー
健康のことなら何でも聞いてください。

>もっと詳しいプロフィールはこちら